松阪牛基本情報

松阪牛というのは、厳しい条件をクリアして初めてその名前を名乗ることが出来るのです。

松阪牛とは

日本には美味しい牛肉の産地や銘柄牛というのがいくつもありますが、中でも群を抜いて美味しい牛肉と人気なのは、やっぱり松阪牛ではないでしょうか。

ちなみに松阪牛というのは、松阪市で育ったら全部松阪牛なのかというと、決してそういうわけではありません。

もちろん北海道の牛を松阪牛とは呼ばないことは当たり前ですが、実は松阪市で育った牛は、すべてがすべて松阪牛になるというわけではなくて、選ばれた牛だけが松阪牛と呼ばれる牛になるのです。

その選ばれし牛というのは、松阪牛に関する協会で定めた20数地域の中でも、特に松阪牛を育てている地域の中で12か月以上に渡って、同じ地域で育てられている牛だけを松阪牛と認定してもらえるのです。

しかもただ認められた地域で育てられた牛というだけでなくて、きちんと個体を識別してくれる管理システムに登録をされており、その牛の詳細な履歴がわかるものでないと、松阪牛でないと認められないのです。

松阪牛と認められるには、まだクリアしないといけないことがあります。

それは黒毛和牛であり、出産経験のない雌でないといけないということなのです。

このように松阪牛といっても、ただ黒毛和牛で松阪エリアで育ったというだけでなくて、区切られたエリアであることはもちろんのこと、その他にもいろいろな条件というのが厳格に定められているのです。

逆に言えばこういった厳しい条件があるからこそ、希少で美味しい牛肉になると言えるのです。