松阪牛基本情報

松阪牛というのは、厳しい条件をクリアして初めてその名前を名乗ることが出来るのです。

個体識別とは

2014年9月1日 // by blogger

よくスーパーなどでも、その松阪牛などの履歴を詳しく知ることが出来る、いわゆる松阪牛の年表のようなものとして個体識別番号というのが割り振られています。

この個体識別番号というのは、どの牛だって当然その牛の育ってきた履歴というものがあるのに、特に高級なお肉や松阪牛などのブランド牛にだけ割り振られているような気がしませんか?

それはやはり例えば松阪牛のような高級なお肉というのは、今までの牛の育った履歴も含めて価値があるからなのでしょう。

ではこの個体識別番号ですが、よく牛肉などのパックの隅などに10ケタの番号として表示されていますが、この個体識別番号というのを詳しく調べてみると、どこで生まれた牛でどのような場所で誰に育てられたのかというようなことが、細かく知ることが出来ます。

でもこの個体識別番号というのは、一体どのように牛の詳細を知ることが出来るシステムになっているのでしょうか。

それは牛の耳に取り付けられたタグのようなモノから、牛の履歴を知ることが出来るのです。

いわば松阪牛の耳に付けられたタグには、松阪牛に関することを管理できるシステムが集約しているのです。

最近は食に関して多くの方が、不安に思ってより情報の透明化を望んでいます。

もちろん松阪牛などのブランド牛に関しても、それは強く求められているのです。

また松阪牛などのブランド牛を飼育する方たちも、そんな消費者の要望に応えようとしてくれているのです。

Comments are closed.